わきがと食生活

わきがと食生活 
わきがと食生活は、意外に深い結びつきがあります。日本人よりも欧米の方の方がわきが野型が多いのは、食事が原因です。

 

欧米の食事はタンパク質が多い食事が多く、肉類も多く食べるでしょう。わきがの原因となるアポクリン汗腺は、タンパク質を摂取すればするほど量が増えるので臭いもどんどん強くなってしまいます。

 

油分を多く含んだ汗であればあるほど、香りもなかなか改善することが出来ないでしょう。これは日本でも同じです。いくら日本食がタンパク質が少ないといっても、最近は食事の欧米化が進み肉類や油分の多い食品を食べる人が増えて来ました。もしわきがが気になる場合は、タンパク質を取りすぎないように気を付けましょう。適度な摂取であれば良いのですが、食べ過ぎるとわきがが悪化してしまうのです。

 

また、香辛料が多い食品や添加物が多い食品もおすすめできません。これらも汗の臭いを強くし、わきがが悪化しやすい成分だからです。逆にワキガ改善に良いと言われている食品は、野菜や海草類等の植物性の食事です。
これらを意識して摂取すれば、わきがが完全に改善と言う訳ではありませんが、においが少しずつ薄くなっていくでしょう。他にもわきがには、コンビニ弁当、スナック菓子、インスタント食品が良くないといわれています。煙草やお酒も匂いを悪化させてしまうでしょう。

 

健康に良い食生活を続けるだけでも、わきが改善に充分な効果を発揮してくれます。食生活に気を使い、わきがの臭いを軽減させましょう。

 

>ワキガに効く商品はこちら